地域で探すトレーニングポイント|地域検索NAVI

クラブを探す

どのような歴史があったのかご紹介します。

体を動かすことが自分の健康のためであったり、体を鍛える筋肉をたくましくすることが人間の美しさであると改めて再認識され始めたのは、前後のことです。 スポーツクラブが初めてできたのはアメリカで1960年代のことです。スポーツクラブで運動することが1970年代今ブームになり、YMCAやゴールドジムなどと言われてる大きなスポーツクラブが全米各地にできるなりました。 日本においては、1970年代後半から、1980年代前半にかけて、東京都内を中心にスポーツクラブができたと言う歴史があります。 健康志向や筋肉のつくしさを追求する男性たちが多かったことから、スポーツクラブは、全国に広まるようになりました。 現在では海外から来たスポーツクラブに加えて、国内の資本でできたスポーツクラブも多くできております。

今後のスポーツクラブの動向についてご紹介します。

スポーツクラブでは、以前はプールがあったりスタジオでヨガやエアロビクスなどのレッスンを受けたり、ダンベルや筋トレのマシンを使って筋力トレーニングをするのが一般的でした。 現在の動向としては、ただ単に鍛えに行くのではなくて、個人のトレーナーが一人一人について個別に指導するというものが非常に流行しています。 スポーツクラブに行きながら、まるで家庭教師のようにダイエットを指導を受けたり筋力トレーニングの指導受けて効率よく体を鍛えたりやせたりするのが今後の動向になっていくでしょう。 実際多くのスポーツクラブでは、現在個人トレーナーの養成に励んでおり、今後はこのように個人指導の時代が間違いなくくると思われます。